ニキビ跡はレーザーでアタック|速攻消せる

女の人

知っておいてほしいこと

困る婦人

夏場など暑い時期の悩みと言えば汗です。脇や背中などに汗をかき、シミなどができると恥ずかしい思いをする方も多くいます。その中でも多汗症の方にとっては、夏場だけではなく寒い冬の時期でも深刻な悩みの種となります。夏はもちろんのこと、冬場でも室内や電車の中などでは暖房が効いており、それが汗をかく原因となります。もし自分が多汗症ではないかと悩んでいる方がいたら、病院や美容外科などを受診することをお勧めします。多汗症の治療の場合に受診する科は、主に皮膚科・外科・美容外科・心療内科などで行うことができます。自分の症状によって受診する科は異なるため、どのくらい汗をかくか・どの場所から多く汗をかくか・どういったときに汗をかくかなどきちんと自分の症状を知ることが大切です。

多汗症で悩んでいる方は、その原因を知り注意していくことが大切です。まず多汗症の原因はいくつかあります。最も多い原因は、精神的なストレスと言われています。人前に立ったり、失敗してはいけない場面などで人は緊張から汗をかきます。これは過敏になった交換神経により、大量に汗が出てくるというものです。また、代謝異常や中枢神経の乱れなどの病気によって汗が出る場合もあります。この場合は、脇だけや背中だけといった局所的な部分だけでなく全身に汗をかきます。そして女性の場合は、ホルモンバランスの乱れから汗をかくことがあります。また生活習慣の乱れも原因となることがあるなど、多汗症と一言で言っても原因は様々あると言えます。これらの多汗症に対しては、汗腺を取り除いたり、ボトックス注射で働きを抑制したりといった治療法がとられます。どちらも美容外科で受けられる治療法となっているので、重度の多汗症に悩む方はまず一度診てもらうと良いでしょう。