ニキビ跡はレーザーでアタック|速攻消せる

女の人

術後も普段の生活ができる

医者

注入は医者の技術が重要

安全性の高さや手軽さから、シワ取りや部分痩せ、多汗症手術まで幅広く取り入れられているボトックス注入ですが、注意点もあります。注意点の1つ目は、ボトックスの取り扱いは技術力が求められるのでクリニックと医者選びが重要となる点です。注入に用いるボトックスにはアメリカ産や韓国産など、メーカーによって製造場所や成分も異なるためどれを選ぶかは医者の知見が大切です。注入量や濃度も手術をする部位ごとに異なるので、そのクリニックや医者の技術力は注意深く見ておきます。2つ目の注意点としてカウンセリングを必ず受け、仕上がりについてよく医師と相談しておくことです。手軽にできるといえ美容整形手術の一種ですから、術後のアフターケアも含めて万全のサポートをしてくれるクリニックを選ぶことが求められます。

ふくらはぎ痩せなども可能

シワ取り効果があることで知られるボトックスですが、それ以外にも小顔や部分痩せを可能としてくれるため、美容整形手術の中でも広く人気を呼んでいます。ボトックスに小顔や部分痩せ効果がある理由は、筋肉を委縮させる作用があるためです。例えば顔の咬筋はものを噛むときに必要な筋肉ですが、この筋肉が発達するとエラが張って顔が大きく見えます。しかしボトックスを注入すれば、筋肉が萎縮するので小顔効果を引き出せます。また筋肉そのものの働きは維持できるので、ボトックスを注入しても普段通りの生活ができるのも人気の理由です。さらに多汗症の改善効果もボトックスが人気の要因と言えます。アセチルコリンの分泌を抑制することで、汗腺からの汗の量を減らせます。